トリコモナス膣炎

トリコモナス膣炎は治療しておかないと、違う性病に感染するリスクが高くなります

トリコモナス膣炎症状

 

トリコモナス膣炎は、トリコモナス原虫の感染によっておこります。女性の半分は一度は感染するという性病になります。

 

主にセックスによって感染し、男性の場合にはほとんど症状が出ません。

 

女性は、感染して数週間しますと、黄色みがかった泡状の匂いの強いおりものが出てきて、同時に膣や外陰部に強い痒みを生じます。尿道に感染することもありその場合は膀胱炎のような感じになります。

 

膀胱炎だと思って医者に行ったら、トリコモナス膣炎だったなんてこともよくあります。

 

女性も症状が出ない場合があり、子宮がん検診に行った時に偶然見つかるケースもあります。

 

このように、女性に症状が出て、発見された場合には、同時に男性も治療をしなくてはいけません。女性だけ治療しても必ず男性にも感染していますので、ピンポン感染になってしまい。いつまで経っても治りません。

 

トリコモナスの検査は簡単で、おりものを採取して顕微鏡で見るとトリコモナス原虫が動いているのが見えます。

 

トリコモナス原虫

 

男性はほとんど症状がでませんので、女性にトリコモナス膣炎が見つかって、それから男性も感染していることが分かります。

 

治療は必ずパートナー同士が一緒に行わなければいけません。女性に感染が見つかった場合には必ず男性も感染していますのでお互いに治療を始める必要があります。

 

トリコモナス膣炎の治療は簡単で、女性はチニダゾール(ハイシジン)を1回服用すれば治ります.。この薬を服用した後は少なくても72時間以上はアルコールを飲む事を、我慢しないといけません。

 

この薬はアルコールとの相性が悪いので、吐き気や頭痛がしてきます。もちろん完治するまでは、セックスも厳禁です。

 

トリコモナス膣炎の薬

 

トリコモナス膣炎の薬は、チニダゾール(ハイシジン)と言う薬を使用するのですが、この薬のジェネリックが安価な値段で出ていますので、そちらをご紹介します。

 

フォシジンは、バクテリアなどに抗菌作用のある抗生物質です。チニダゾール(ハイシジン)のジェネリック医薬品になります。

 

トリコモナス膣炎は、男性はほとんど症状が無く、女性の場合にのみ悪臭のするおりものがでるので、分かる場合があります。

 

このような症状も3週間程すると無くなってきますが、トリコモナス原虫は体の中で生き続けていますので、そのままにしておきますともちろんパートナーにも移しますし、
将来、子宮がんやHIVなどの感染率が高くなりますので、薬で完全に治しておくことが必要です。

 

使用方法は、 トリコモナス(男女とも同じ)の治療の場合、通常、成人の場合で、1回4錠を1日一回、食後に服用します。

 

このような原虫を体に残しておくことは、将来いろんな性病や不妊も原因にもなりますので、必ず治しておきましょう。

 

トリコモナス膣炎は気が付かないままキャリアとなってしまい。他の方に移しては感染を広げてしまう事が多いので定期的に検査をしておくことも大切です。

 

トリコモナス膣炎

 

トリコモナスに感染しているかのチェック

 

STDチェッカー タイプT(女性用)

 

この性病検査キットで、

クラミジア、淋菌、トリコモナス、カンジダ一般細菌、ヒトパピローマウイルス(悪性型)
血液
HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎、C型肝炎
のど
クラミジア(のど)、淋菌(のど)

 

とにかく徹底的に検査を受けたい女性の方へ!
オプション項目まで含め、最も多い12項目が一度に検査できるタイプです。

 



 

 

 

STDチェッカー タイプQ(女性用)

 

 


クラミジア、淋菌、トリコモナス、カンジダ
のど
クラミジア(のど)、淋菌(のど)

 

 

 

STDチェッカーの使用方法は下記に詳しく書いてありますので、参照してください。
匿名で、簡単に精度の高い検査結果がすぐに見れますので安心です。
STDチェッカーの使用方法

 

性病の検査は、定期的にしましょう

 

性病は、知らないうちに感染していることがあります。

 

今までのパートナーと変わった時や、ラブホなどに行った時には、性病に感染する確率があります。

 

ホテルの部屋には、性病の菌がたくさんいると考えて間違いありません。

 

カップル

よくホテルに行きますと、ソファーとベットがあるのが一般的です。

 

ベットのシーツは毎回変えてくれますので、いいのですが、このソファーがかなり危険です。

 

裸のままソファーに腰かけると、特に女性の場合には、性器がソファーに直接あたります。

 

このとき、前に使用した人が同じ事をしていて、性病を持っていたら、ソファーには性病がいます。そんな危険性がある事を忘れずにホテルは使用しましょう。

 

パートナーか変わった時も、注意が必要です、万が一相手が症状の出ない性病を持っていたら、あなたは無防備に感染させられてしまいます。

 

かといって、相手が変わるたびに性病を調べるのも変ですので、やはり自分が定期的に調べて、もし性病があったkとが分かったら、直にパートナーに知らせて、お互いに性病を治しましょう。

 

両方が一緒に治しませんと、性病は解決しません。

 

性病に感染している時は、違う性病も一緒に感染している場合が多く、検査をするときには、一度にいろんな性病の検査をできるものを選んで、検査をすることをお勧めします。

 

今は20代の男女に性病が蔓延していますので、注意して下さい。

 

性病は知らない内に感染している場合がほとんどですので早期に検査が大切です。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ